スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 レビュー

飛影&黒獅子タイトル 
 
超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子レビューです。
 
以下注意点
 
今回の撮影は土曜日に飲酒をした状態で撮影しております。
 
本来撮り直しをするべきですが、なんとなくこのまま行ってみたいと思いますので、多少おかしな所は
 
優しく見守ってください。
 
 
 
 
DSC03405.jpg 
DSC03406.jpg 
 
パッケージ
 
大きさはそこそこですが、ウチの撮影ブースいっぱいの大きさです。
 
一枚目のピンぼけはごかんべんを・・・
 
 
 
DSC03407.jpg 
DSC03408.jpg 
 
付属品等
 
各手首と武装、特に飛影のものが目立ちます。
 
 
 
DSC03409.jpg DSC03410.jpg DSC03411.jpg DSC03412.jpg DSC03413.jpg DSC03414.jpg
 
飛影素立ち
 
変形重視のものとはいえ、十分に見れるプロポーション。
 
細部の塗装もしっかりしていて、さすがは高額商品の超合金
 
 
 
DSC03415.jpg 
 
可動範囲はこんな感じ
 
肘膝共によく曲がります。
 
しかし、変形重視ということもありやはり膝に違和感が・・・
 
解決策は・・・曲げなきゃいいんです(笑
 
 
 
DSC03416.jpg 
 
よく劇中に登場したマキビシランチャーも展開可能
 
ほんとによく細部にこだわっています。
 
 
 
DSC03417.jpg 
 
シールドとライフル
 
 
 
DSC03418.jpg 
 
背面には刀装備
 
 
 
DSC03419.jpg 
 
サンダーアローガンもよく登場してましたね。
 
 
 
DSC03420.jpg 
 
ちょっとアップで。
 
コンプロサイズなのですが塗装もバッチリです。
 
しっかり腰も動きます。
 
 
 
DSC03421.jpg 
 
刀装備
 
2種類付属するうちの1種
 
 
 
DSC03422.jpg 
 
膝を曲げずにポージング(汗
 
 
 
DSC03423.jpg 
 
バトルショットブレード
 
たまに使用してたような・・・
 
 
 
DSC03424.jpg 
 
もう1種類の刀
 
違いは柄の後ろに短い刃がついてます。
 
実はもう1モードナギナタがあるのですが、酔った上に持たせるのが困難だったため今回は省略
 
引き続き黒獅子に移ります。
 
 
 
DSC03425.jpg DSC03427.jpg DSC03426.jpg DSC03429.jpg DSC03430.jpg DSC03431.jpg  
 
黒獅子素立ち
 
今回はコレが欲しくて購入したようなもんです。
 
塗装精度や各部モールド多さなど、文句無しの出来
 
 
 
DSC03432.jpg 
 
可動範囲を表現したかったのですが、酔と関節の硬さに断念
 
まだもうチョット動きます。
 
 
 
DSC03434.jpg  
 
なかなかのイケメン、当時のイメージを崩さず良く再現されてます。
  
 
 
DSC03433.jpg 
 
ビームカタナ
 
こんなんあったっけ?
 
 
 
DSC03435.jpg 
 
もう一本カタナ
 
なんか説明書に書いてあったような気が、よく読んでないので・・・
 
 
 
DSC03437.jpg  
DSC03438.jpg   
DSC03439.jpg 
 
ガトリングガン
 
黒獅子といえばコレですね。
 
プラ製で非常に軽く出来ていますので、保持しても腕が下がる心配はなしです。
 
ターゲットサイト?部は引き出して展開、銃口も回転します。
 
劇中ではコレで殴ったりもしてましたね。
 
 
続いて変形に行きます。
 
 
 
DSC03440.jpg 
DSC03441.jpg 
DSC03442.jpg 
 
とにかく折りたたみます。
 
違和感のあった膝裏にちょうど手首が収納されます。
 
完全変形のための弊害ってところでしょうか。 
 
 
 
DSC03443.jpg 
 
腹部をぱかっと開けながら黒獅子頭部を回転させて収納
 
 
 
DSC03444.jpg 
 
肩を後ろにスライドさせます。
 
 
 
DSC03445.jpg 
 
肩を折りたたんで腕を前に出す。
 
 
 
DSC03446.jpg 
 
爪を展開しこれで前腕部は変形完了
 
 
 
DSC03447.jpg 
 
足も腕と同様に折りたたみます。 
 
 
 
DSC03448.jpg 
 
足首を伸ばす。
 
 
 
DSC03449.jpg 
 
そのまま黒獅子の足を膝を中心に回転し、ふくらはぎの飾りも回転させます。
 
 
 
DSC03450.jpg 
 
そのまま上まで回転させるとこんな感じになるはずです。
 
 
 
DSC03451.jpg  
 
そこに飛影をはめ込み各部ロックをしてカバーを下げれば出来上がり。
 
 
 
DSC03452.jpg 
DSC03453.jpg 
DSC03455.jpg 
 
完成でーす。
 
うーん、なんかイメージよりズングリムックリな感じ。
 
どうやらここでも酔っ払い炸裂、各部調整を全くしてないです。
 
 
 
DSC03456.jpg 
 
前腕部は結構自由がききます。
  
  
 
DSC03457.jpg 
 
頭部のビームガンも可動
 
 
 
DSC03458.jpg 
 
しっぽのビームガンと共に射撃
 
 
 
DSC03459.jpg 
 
飛びかかっていくような感じで・・・って、おい酔っ払いアタマのビームガン戻せよ!!
 
 
 
DSC03460.jpg 
DSC03461.jpg 
DSC03462.jpg 
 
カタナも咥えます。
 
ナカナカカッコイイじゃないですか。
 
しかしまたしても、せっかくダボがあるんだからそこで咥えさせろよ。
 
 
 
DSC03463.jpg 
 
猫パンチ
 
 
 
DSC03464.jpg 
DSC03465.jpg  
DSC03466.jpg 
 
全体的によくまとまってますが、後ろ足の可動の自由度の少なさが弱点です。
 
 
 
DSC03436.jpg 
 
以上でレビュー終了です。
 
 
じつは2日前にこのあたりまでレビューしてたのですが、不慮の事故により消滅、2回目の更新になります。
 
さすがに同じもの2回はキツイですね。
 
1回目はもっと気の利いた文章だった気が・・・するだけですが(汗
 
 
商品としての品質は非常に高く、特に黒獅子のズッシリ感は超合金だなぁと実感します。
 
最初おまけ程度に考えていた飛影も気合の入った出来で大変満足です。
 
 
ヤマベルおすすめ度は、8/10点
 
私的には待ちに待ったアイテムでようやく来たかという感じです。
 
放送当時は私も大変幼く、今はその時の記憶の断片のみでかなり美化されているはずですが、
 
その思いに十分答えてくれました(喜
 
鳳雷鷹や爆竜も大変楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。