スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『VF HI-METAL VF-19改 ファイヤーバルキリー』 レビュー

 タイトル 

 お待たせしました、ついにVF HI-METAL VF-19改

                     ファイヤーバルキリー準備完了です。 

 なお当レビューは素人のため(汗)完全でない可能性があります。

 正確な商品レビューを望まれる方は魂ウェブまで。

 まぁ、素人には素人のよさがきっとあるさ(笑)

 

 

      00.jpg

 昨夜、このような物が届きました。

 こっ!これは

 当選したのか?

 今回はVF-19にちなんで19名にと確か書いてあったはず。

 バンダイ様ウチで本当によかったのですか?

 アクセス二桁ですよ。

 しかしやってみるもんです、見事当選してました(嬉)

 というわけで、早速レビューを

 

 01.jpg 

 02.jpg 

 03.jpg

 パッケージはこんな感じ、厚さはあまりありませんが、大きさはVF100‘sのVF-25アーマードくらいかな

 磁石による開閉式になってます。

 

 05.jpg 

 ふたを開けると説明文が。

 機体の概略とマクロス7のあらすじが記載されてます。

 

 06.jpg 

 内容物はこんな感じ。

 ガンポット握り手(右のみ)+平手左右

 ガンポット

 交換用フェイス

 ディテールアップパーツ

 少しだけ余剰パーツ

 台座のないスタンド(こちらは要魂ステージ)

 VF-100‘sに比べると圧倒的に余剰パーツが少ないです、さすがはハイメタル

 

 08.jpg

 09.jpg

 10.jpg

 11.jpg

 12.jpg

 13.jpg

 14.jpg

 15.jpg

 16.jpg 

 前シリーズとの圧倒的違いは、パイロットが乗ってます。

 これは、私にとって大きな違いで、ファイター・ガウォーク好きからすると、

 常にコックピットが見えています。

 とくに飛行状態でディスプレイするときは、なおさらパイロットの存在は重要だと感じます。

 今回ランディングギアの装備が残念ながらありません(涙)

 飛行している限り私にはまったく問題ないのです・・・

 あればなおさら嬉しいですけど。

 各ロックがかっちりしているので、ポロリはありませんが、重量が結構あるためか、

 たまに台座から後ろにスベリ落ちることがあります。

 プロポーションは文句なし、各モールドも墨入れはしてありませんがしっかり主張してきます。

 

 17.jpg 

 素直にカッコイイと思います。

 

 18.jpg

 19.jpg

 20.jpg

 実は私は今まで手の生えていないガウォークはあまり好きではありませんでしたが・・・

 これはいい!

 実にまとまっている。

 今回、ガウォーク2種を含めた4個形態のうち一番のお気に入りです。

 我が家でのディスプレイはこれで間違いないでしょう。

 ゾックが一番の人なのでアテになりませんが(汗)

 

 21.jpg

 22.jpg

 23.jpg

 24.jpg

 25.jpg

 26.jpg

 27.jpg

 28.jpg

 29.jpg 

 ガウォーク完全体・・・そんな呼び名でよいかなぁ。

 手が生えました、僕的にはなんとなく19系のガウォーク完全体はあまり好きではないんです。

 理由はコクピットラインから後ろの盛り上がり感、ここが19系最大の弱点だと勝手に思ってます。

 今回の製品の中で実はこの形態が一番安定しません。

 各ロックのうち、羽と胴体を繋ぐロックをはずすため胴体が多少ぐらつきます。

 とは言ってもこのように地面に立たせると一切気にはなりません。

 手に持ってブンドドは少し向いてないかな・・・

 一番の注目のとり足ですが、画像が限界です。

 しかし、全体のプロポーションからするとこれで何も問題がないというか、ベストではないかと思います。

 ハの字に関してはもう少し開きますが、あまり開くと前のめりにこけます。

 しかし、脚部のダイキャストのおかげでデザイン的に結構ロングノーズなのですが、自立を可能にしてます。

 

 30.jpg 

 私的にこの角度が一番好きです。

 

 31.jpg

 32.jpg

 33.jpg

 34.jpg 

 バトロイド形態

 全体的に足が若干長くスマートな感触ですが、

 良いです。

 合格です。

 きっちり保持します。

 ファイターからここまでで余剰パーツは数えるほど。

 変形自体も説明書で結構すんなりいけます。

 無謀に硬いパーツも無ければポロポロ外れる事もないです。

 ただ少しばかり手首がゆるいかなぁ・・・

 

 ディテールアップパーツ装着

 35.jpg

 やはり装着すると見違えますねぇ

 つけなくても私的には十分なのですが、一度つけると後には戻れないです。

 

 36.jpg

 37.jpg

 股関節の可動範囲です。

 左足のみ動かしてみました、右足はニュートラルポジションです。

 そこそこですね。

 設計上これ以上は無理かと。

 なぜ左のみ可動させたかは最後までお待ちを・・・

 

 38.jpg 

 肩はここまでです。

 

 40.jpg 

 フェイス付け替え

 あまり劇中のイメージは私は無いのですが、なかなかいいかも。

 

 41.jpg 

 ガンポットを添えて。

 

 42.jpg

 VF-19改といえばやっぱりこの顔ですね。

 

 43.jpg 

 フライングポーズで最後

 重量があるので魂ステージでは若干荷が重いです。

 総合的に塗装品質もよく以前のようなポロリもないし間接強度も高いのでかなりのお勧めです。

 サンプルとはいえ製品版との違いは無いはずです。

 付属品の少なさが気にはなりますが、もともと劇中でもあまりオプションはありませんでしたし、十分とは

 言えないまでも許容範囲だと思います。

 握りこぶしがあればとは思いましたが、後日サウンドブースターも受注ということで非常に楽しいアイテム

 でした。

 ヤマベルお勧め度は8/10少し金額は張りますがマクロス好きなら間違いない商品です。

 レビューは以上ですが・・・

 下記で少しだけ追記をします。

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 商品批判ではありませんが不具合の紹介を・・・

 44.jpg

 45.jpg 

 羽がくっつきません(涙) 

 原因は上記の股関節のところで右足ニュートラルでレビューしましたが・・・

 実は まったく動きません。

 理由はわかりませんが動かないんです。

 なので羽と胴体のクリアランスが縮められず、ロックもかかりません。

 ファイターのときは足の後ろにもロックがあるのでちゃんと変形できますが。

 頂いたばかりのサンプルですがお客様センターに連絡

 通常商品ではこのようなことが無いことを確認しましたのでレビューしました。

 ついでに図々しいとは思いましたが、交換していただけるということなのでお願いをしてきました。

 たとえサンプルでも紳士的な対応していただいてありがとうございます。

 相変わらずバンダイの対応のよさに感激しました。

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分も先日、ファイヤーバルキリーを購入したのですが、
ヤマベルガトーさんのと同じく股間節を左右に開くための回転軸が死んでおりました。
2つ買ったのですが、一つは片足のみ、もう一つは両足が死んでいたため、どうしてかと思い、
意を決して一つ分解してみたら、回転軸が接着剤でガッチガチになっておりました。
設計ミスというより、組み立ての際に接着剤を回りこませてしまったという感じなので、
今後控えているブレイザーバルキリーのためにも、バンダイさんに電話で詳しく説明しようかと思います。
物はすごくいいので、是非是非シリーズ続いて欲しいですね。

No title

こんにちは、通りすがりの購入者さま。
やはり製品版でも発生してますね。
よくよくネットを見ると、結構な確立で発生しているようで・・・
バンダイさんは、しっかり対応してくれるので、安心はしていますが、
最初に自分で手にとったものが、居なくなるのはとても寂しいことなので
品質管理をもう少しだけシッカリして貰えればと思います。

今後のシリーズ展開も大変気になりますので、これっきりで終わらぬように
しっかり応援していきましょう。
FC2プロフ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。